関東草野球リーグ大会



2017年度 第25回記念関東草野球リーグ選手権大会
大会6日目 ~5/20(土)・5/21(日)~
 第25回関東草野球リーグ選手権大会は大会6日目を迎え、各階級で計136試合が行われた。
 土曜大会では、3部AのCOMNICが初回に3番松原の先制タイムリーで得点を奪うと、その後も毎回得点を重ねコールド勝利。3部BのMOBABYは3点を追う3回に打者一巡・8安打の猛攻を浴びせ、逆転勝利を決めた。
 日曜大会では、1部Aのダイバース・新エース川瀬が1失点の好投で見事に完投勝利。1部Cの青葉八八会は2点ビハインドの5回に藤巻、前川らの適時打で逆転に成功し、そのまま逃げ切り勝ち。1部Eのミステリアスは主砲・鎌田の2試合連続の豪快なホームランなどでダブルヘッダーを連勝。3部BのRISEは4番上津が3安打・1本塁打の活躍で打線を牽引し快勝。3部Fの目黒 Grand Altは6番染谷の本塁打などで9得点を奪い、初戦を白星スタート。4部Hのチェリーウィングスは平木、鈴木、正田らの一発攻勢で打ち勝った。5部Bのトラスターズは6点リードの最終回に2点差まで詰め寄られるもこのピンチをしのぎ切り、チーム結成後記念すべき初勝利。5部Fのレッドサンダースは同点で迎えた最終回に打者10人を送り込む攻撃で一気に突き放し大勝。5部Iのグロリアスはこの日ダブルを敢行。打っては高山(淳)が3安打・4打点、投げては黒木-木村へとつなぐ投手リレーで1試合目をモノにすると、続く2試合目は初回に4点を奪い主導権を握ると、5回には今季新加入の田崎に試合を決める特大アーチが飛び出し、見事にダブルを連勝した。5部JのDKC GOLDEN BALLSは3番清水(茂)、4番清水(泰)らにアベックホームランが飛び出し完勝。6部CのGuffは5回の満塁のチャンスで土井川がグランドスラムを放ち、5回コールド勝ちを決めた。






チームの活動スタイルに合わせて選べる関東草野球連盟主催の『草野球三大大会』



主催 関東草野球連盟

 本サイトに含まれるすべての情報及び画像等の著作権、その他一切の権利は、関東草野球連盟及び関東草野球リーグに帰属します。
 本サイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製、転載することは禁じられています。