関東草野球リーグ大会



2017年度 第25回記念関東草野球リーグ選手権大会
大会14日目 ~7/15(土)・7/16(日)~
 第25回関東草野球リーグ選手権大会は大会14日目を迎え、各階級で計77試合が行われた。
 土曜大会では、1部BのエクスプレスⅡが佐藤(純)の公式戦初安打がコールドを決める本塁打となるなど、計4発のホームランを浴びせ快勝。3部Eの浦和美園ヴェイルズは初回に10点奪う猛攻で主導権を握り大勝した。
 日曜大会では、1部Bの江戸川タイムリーズ先発・小山が7回2失点の好投を演じ完投勝利。1部Dのカージナルスは4本の本塁打攻勢で打ち勝った。2部Aの習志野台スターズは主砲・森田の特大弾など毎回得点を叩き出し5回コールド勝利。2部BのJ・BOYは1点を追う6回に満塁のチャンスを作ると、ここで6番佐藤が走者一掃打を放ち逆転勝利。3部GのEELSは4番比嘉が3安打・4打点の活躍でチームを牽引し競り勝った。3部HのBLACK BRAVESは初回に内室の先頭打者アーチを皮切りに一挙6点を奪うビッグイニングを作り完勝。5部JのHANAREは藤田、神谷、昼間らにホームランが飛び出しコールド勝ち。6部AのWONDERFUL DIAMONDはこの日のダブルを連勝し、3連敗後の3連勝で星を五分に戻した。6部Eのターミネーターズ2015は田邉の投打にわたる活躍で快勝。7部EのO.U.E Wild Boarsは7-7で迎えた4回に川野が見事に勝ち越しタイムリーを放ち、乱戦に終止符を打った。







チームの活動スタイルに合わせて選べる関東草野球連盟主催の『草野球三大大会』



主催 関東草野球連盟

 本サイトに含まれるすべての情報及び画像等の著作権、その他一切の権利は、関東草野球連盟及び関東草野球リーグに帰属します。
 本サイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製、転載することは禁じられています。